Tabula Rasa
2018.02.05 Monday

音 / 風

 

 

 

 

        
2018.02.01 Thursday

世界を変える美しい本 インド・タラブックスの挑戦 / 板橋区立美術館

 

 

 

 

「世界を変える美しい本 インド・タラブックスの挑戦

   / Beautiful Books Can Change the World:The Universe of Tara Books,India」

 

at. 板橋区美術館 (2017.11.25-2018.01.08 )

 

美術館内エントラス近くの掲示版ポスターをパシャリ↑

 

********

 

タラブックス(TaraBooks)

 

南インド・チェンナイのティルヴァンミユール (Thiruvanmiyur) という小さな町にある出版社。1994年創設。

ギータ・ウォルフとV・ギータという2人のインド人女性が中心となり少ない従業員により出版活動をおこなう。

仕掛け絵本や写真集など色々な種類の書籍やインド以外の国の作家の作品も出版をしているが、ハンドメイドの絵本が特に注目をされている。

そのハンドメイドの絵本とは… ハンドメイドペーパー、インドの民族画家による絵、シルクスクリーンで刷られ、製本は1冊ずつ糸で製本。1冊ごとにシリアルナンバーが施される。


『夜の木 (The Night life of Trees)』(2006年)、『水の生きもの (Waterlife)』(2011年)は、ボローニャ国際絵本展など多くの場で高い評価を受け、沢山の言語で翻訳版が出版されている。

ワークショップや講演会などを行うと共に、絵本の刷り損じを使って作るノートブック「Flukebook」などのステーショナリーも制作・販売をし、これらの売上は若い印刷職人たちの学習・自立支援の資金として使われている。

 

http://tarabooks.jp/ 

https://tarabooks.com/

 

(*データは2018年2月現在のもの。以下も敬称略とさせて頂きます*)

 

・・・・・・

 

「世界を変える美しい本 インド・タラブックスの挑戦 」展。

行ったのは1月…。という訳で、いつもながらの安定のタイムラグ・ポスト…。

 

もう終わってしまっているなぁと思っていたら何とまだやっていたので会期ぎりぎりに鑑賞。

館内において全ての作品への写真撮影の許可がされていたので数枚をこそっと嬉しく撮らせて頂いた。

あくまでも私の感想なのだけれど… 閉館間際だったので人は少なかったのだけれど、美術館内での写真撮影ってするのもされるのもやっぱり気が散るなぁと反省した。撮影OKなエリアや作品がしっかり限定されている方がありがたいかなぁ。

 

 

 

 

 

『夜の木』(『The Night Life of Trees』2006年)

(写真 …原画。ガラスのショウケース内のダミー本。)

 

絵/ バッジュ・シャーム、ドゥルガ・バーイ、ラーム・シン・ウルヴェティ

文/ ギータ・ウォルフ、シリシュ・ラオ

日本版… タムラ出版、2012年、訳:青木惠都

 

 

・・・・・・

 

タラブックスについては実はよく知らず、作品を見たり手に取ったりしたのがまず今回の展示で初めて。

魅力的な作品に出会えてとても面白かった。そしてその経営スタイルがまたとても素敵で、ごく普通に、新しく、進んでいく、って凄いことだなぁと改めて思った。

 

タラブックスの本達がもつ美しさは、特別なセンスや抜きん出たアイディアなどの「余剰」からではなく、歴史というルーツや生活というリアルという、人として生きていくための「必要」から生み出されていることによるのではないかと感じた。つまり、確かな土台があってこその美しさなのだと思う。

そのブレの無さが、現在の市場に出回っている相対的な評価でしか存在をしにくいモノたちの美しさに飽きて疲れてしまった人たちにとって、忘れていて求めていたもの なのだろうなぁ。余計なものがないシンプルな絶対感に、ある種の憧れのような感覚を覚えるのかもしれない。

なんて、小難しいことをちょっとだけ思ってみた…。

 

 

・・・・・・

 

今回の展示で私が特に興味をそそられた作品が2つあって、まずはポトウと呼ばれる絵巻物↓。

絵巻なのだけれど日本の絵巻とは違って縦にストーリーが進み、場面がワンシーンごとに区切って描かれている。紙芝居が縦に続いて巻物になっているような感じで、町で読んでいる参考映像を鑑賞できたのもとても面白かった。

併せて、紙芝居って動きを持って場面が切り替わるという行為がとても重要な役割を担っているのだなぁと再認識もした。

 

 

 

 

日本と太陽の感じが違うのかな、色味が新鮮。構図も力強さと温もりがあって心地よかった。

 

 

・・・・・・

 

もう1つ心に残ったのは若い女性の作家による作品『希望とはフルーツを売る少女』(絵と文/アムリタ・ダース、『Hope is a Girl Selling Fruit』、2013年)。

インドにおいて女性であることや、女性がクリエイティヴなことをすること、の難しさについて考えさせられた。

インドにおいて、ではなくこれは差異はあれど日本を含めた多くの国や地域において未だにある問い(問題、ではなく)なのだと思う。問い、なので本当はより多くの人で考えていかなければいけないのだ。。。(フェミニズムな意味合いではなく)

 

 

「世界を変える美しい本」という展示タイトル。私にとっては「世界に帰る美しい本」、かもしれない。

<世界>は変わらない。変えられない。そんなこと誰も何も出来はしない。

世界に必要とされ、受け要れられるような、世界にたどり着き、帰り着けるような、そんな何かこそがきっと「美しい」ものなのだろうな。

なんて、夢みたいなことをいつも思ってしまう…。

謙虚に挑戦し続けるしかないのだろうな。

 

 

        
2018.01.30 Tuesday

DESIGN : 33 / Mug

 

 

 

 

生方由香さん(Yuka Ubukata)のマグ。

 

カラーとハンドルの形が2種類ある。

私が求めたのは、藍い、角ばったハンドル。

 

マットな肌合いの穏やかな佇まい。やや裾広がりの角ばって柔らかなフォルム。

ハンドルは持ちやすく飲み口は薄めで飲みやすい。

量もさらっと多めに容れられるサイズで嬉しいなぁ。

包みこんで持つとその肌触りがざらざらしっとり気持ち良くて、つい何となく撫でてしまう。

 

蒼いカップをずっと探していた。

昔いっていた喫茶店で時々出されるアンティークの蒼いカップが美しかったから。

探してみると気に入る感じはなかなか無くて…のんびり待って放っておいてやっとふいにめぐり会えた。

 

蒼いカップの珈琲を覗きこみながら飲むのが好き。

夜の海を思い出すから。

 

本日の珈琲はブラジルのブルボン・クラシコ。

ナッツ系のチョコレートをひと欠け そっと舐めながら。

暖かい心地で 深く深く 無心の時へと降りていく。

 

ひっそりと満ちてゆく。

 

 

 

 

Thank you for a lovely mug...

 manufact jam

 

 

        
2018.01.30 Tuesday

Stay (Lyric Video) / Kygo ft.Mathy Noyes

 

 

Stay(Lyric Viodeo) / Kygo ft.Maty Noyes

 

        
2018.01.25 Thursday

白景色

 

 

 

 

 

        
2018.01.24 Wednesday

night snow / night sea

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

        
2018.01.23 Tuesday

ありきたりじゃない玩具

 

 

 

 

タンザニアのキリマ ンジャロ。 キリマとンジャロで間を空けないとね。

カップの貫入の景色を眺めながら珈琲を飲むも いとをかし。

愛方は虎屋さんの羊羹(おもかげ)。薄く切って口溶かしながらゆっくりと。

ケン・リュウ(Ken Liu)を読みながら雪降る夜を過ごしましたよ。

 

 

「愛してるわ」

「ぼくも愛してる」

 

 

( 愛のアルゴリズム The Algorithms for Love :P.182 /訳:古沢嘉通/早川書房)

 

 

        
2018.01.22 Monday

知らぬ空

 

 

 

 

        
2018.01.04 Thursday

a view of a secret

 

 

 

 

        
2018.01.03 Wednesday

nothing's gonna change my world / hommage to T.H

 

 

 

 

如何おすごしですか。

今年初めての海写真を撮ってきました。

 

冬の夕刻の海辺は 空も海も砂も風も 全てが一気に解き放たれるので

気を付けないと身も心も奪われてしまいそうになります。

 

新しい一年がまたはじまりましたね。

 

 

 

 

        
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>
Search this site.
Selected Entries
Categories
Archives
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode